会社概要

企業理念

私達は、情報産業を通して、海を越え、国境を越え、人種をも越え 世界の文化発展に貢献します。


SeaMans事業コンセプト
私たちは、日本文化を世界に輸出する企業です。
併せて、日本文化に根ざした美の商品を世界に販売する企業です。

私たちは、日本文化を世界に輸出する企業です。

変えてよいもの、変えてはならないもの

本来の日本国家の輸出ビジネスモデルは、海外から安く購入し加工して付加価値をつけて高く売る。この付加価値こそが国 民を養う原資となっている。この輸出ビジネスモデルは、今後も変わらないし、変わってはならない。 "変わるもの、または、変えても良いものは、付加価値の内容だけです。"

21 世紀の付加価値は、安心、安全、文化

21 世紀の付加価値は、安心、安全、文化だと言われています。農産物が海外市場で高く売れるのは、安心、安全という 付加価値を証明しています。

そして、もう一つの文化という付加価値は、コンテンツとブランドです。 コンテンツはアニメとして輸出産業になりつつあります。「コンテンツ産業の成長は、歴史的に見て、高度工業化社会が成熟 した後、文化が高度知価社会として登場する」と指摘されているのと符合します。
今後の日本産業は、世界に類の無い文化に根ざした日本はブランドを産業として成長しなければなりません。しかし、ブラ ンドは輸出産業としての地位を未だ確立していません。 本来、ブランドとは、ユーザーの心の中に生じるモノやコトとの心理的な絆、結びつきの強さのイメージを確立するものであり、 そのイメージによっては原価が 1,000 円の商品を 10,000 円で売ることも可能です。
ブランドは、文化の無いところでは生まれません。特定の地域またはそこで日々生活する人々の文化に根ざして生み出される のがブランドです。日本にはたくさんの文化に裏づけされた価値あるブランドイメージ(安全・安心・高品質・最先端・高級 など)が存在しています。

今、日本に必要なのは、日本ブランド商品の薄利多売による輸出振興ではなく、日本の多種多様な文化から生み出され続 けるブランドという付加価値をつけて海外市場に販売していく"ブランド販売戦略こそが日本経済に活力を取り戻し、日本国 家の輸出ビジネスモデルを維持していく唯一の方策 "だと確信しています。

一覧へ戻る

お気軽にお問い合わせ下さい!資料請求・メールでのお問い合わせはこちら

中国ビジネスヘッドライン