事業内容

間違いだらけの中国通販

これで、日本商品も物産品も売れるのか?
中国通販の失敗例を紹介します。

中国通販の失敗例1 中国合弁型

1)中国合弁 中国立上け
中国流交渉術に太刀打ちできずに、不利な条件や契約をする。 ※交渉方法の失敗 【入口で 失敗】

2)中国主導 サイト運営
中国の合弁企業が主導権を持ち、日本企業の要望を聞き入れない。 売上げは、中国側にストックされる。

3)中国式通販適用
日本式の通販方法は、一切適用できない。

4)サイト運営 疑問
運営に疑問をもち、お互いの意見が衝突する。

5)撤退
撤退へ。

中国通販の失敗例2 日本立上げ型

1)日本立上け
日本においてサーバを立上げ販売を行う。
検索エンジン(百度)には、載らない。
【入口で 失敗】

2)日本主導 サイト運営
日本企業が主導権を持ちサイト運営を行う。 売上げは、国際決済により日本国内へ売上げが入る。

3)日本式通販適用
日本式の通販方法を実行する。宣伝広告方法がわからない。

4)サイト運営 疑問
サイトや商品の認知度が上がらず、売上げも伸びない。

5)撤退
撤退へ。

詳しくはこちら:中国EC構築【China-EC】

中国通販を始めるには

Point:ICP許可番号さえあれば、中国通販は始められる。
ICP許可番号を借りられれば、中国通販は始められる。

中国進出、中国通販のビジネススキーム

China-ECによる中国進出

詳しくはこちら:中国EC構築【China-EC】

中国進出、中国通販で重要な事

中国事業は難しい

中国事業が難しいと言われるのは、中国消費者が難しいのではなく、中国市場に入る時の中国企業との折衝が難しい

中国通販立ち上げで最も重要な事

「自社の権利を維持しながら、 中国の権利を借りて商売すること。」
「中国企業主導ではなく、日本企業主導で商売」

詳しくはこちら:中国EC構築【China-EC】

一覧へ戻る

お気軽にお問い合わせ下さい!資料請求・メールでのお問い合わせはこちら

中国ビジネスヘッドライン